So-net無料ブログ作成
検索選択







BIBILAB(ビビラボ) 巨大抱き枕 TM1-28 [衣類]

申し訳ございません。 お探しのページは引越しました。




お手数ですが、こちらのサイトからご覧ください。m(_ _)m

引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い致します。





タグ:巨大抱き枕

共通テーマ:blog

マイクロファイバー ガウン ノススメ [衣類]


 そろそろ寒さが厳しくなってきましたねー。
自宅では既に暖房を使用しています…。
皆様お風邪など召されていないでしょうか?

今回は、去年購入してまだ使い続けている「マイクロファイバー ガウン」をご紹介します。(^_^;)

これ、確か去年に流行ったものだったと思うんですが…。
寒くなってきて、しかし、できるだけ電気代とかガス代をかけたくない…。
しかし、着重ねしすぎてモコモコしたくもない…。

そんな時に、この「暖かいと評判になっていたガウン」に目をつけました。

個人的にはできるなら薄着で居たいのですが、寒さには勝てませんし、暖房をつけたくもなく…。
なんとなくネットで見つけて、 これ。良いんじゃない?? と思い、そのままポチッとしてしまいました。w

届いて早速蓋をあけると、毛布が入っています。w

広げてみると、まさに毛布が着られるようになっているもの。
↑これが一番しっくり来る言い方です。

↓着てみるとこんな感じ
gown_all.jpg


はじめのうちは結構抜け毛が多く、部屋のあちこちに落ちていましたが、それが落ち着くと全く落ちなくなりました。
暖かさは最高で、居間は既に暖房をつけているのですが、PCを使う部屋は暖房なしで、このガウンを着たままタラタラとPCを眺めたり、ゲームをしたりしています。それができる程の暖かさです。ちなみに、今の室温は16度。全く問題ありません。パジャマの上にガウンを羽織っているだけの状態です。w

また、洗濯機で洗っても全く問題がなく、2年目に突入しています。
暖かさとエコを考えると最高にオススメの品です。

丁度浴衣のような感じで、右前(女性物なんですかねぇ…)で、左は中で紐でしばり、右はボタンで留めるようになっています。
食事をすると暑くなってしまうので、上半身を脱ぎ、腰巻のようにして使っています。

両袖には袖をギュッと絞れるように、ゴム紐と留め具が付いています。

gown_hand.jpg

一つ疑問なのが、袖口の親指のあたりに穴が開いており 「これって、ここから親指を出すの?」という感じの穴です。多分すごく寒い時にできるだけ袖を絞り、指だけ出す感じで使うのでしょう。
gown_hand_hole.jpg


ちょっと問題なのが…。
長いっ!
私は身長167cmくらいなのですが、裾が余って転びそうですw
丁度、モップをかけながら歩いているみたいな感じ。ww
gown_bottom.jpg
多分、長さに余裕をもたせているのだと思います。

と言うのも、足元の裏側に袋状の場所があり、そこに足が突っ込めるようになっています。
gown_bottom_hole.jpg
まぁ「ただの折り返し?」とも思えますが、寒い時には足がこの部分に突っ込めて、とても有効です。

(少し暑そうですが)このまま寝るとすると、丁度足先までカバーできるので、この長さになっている気がします。
居間でゴロ寝するときにかける毛布を着ている感じだと思えば、かなり良いです。w

そのうち、妻に頼んで裾が簡単に折り返せるように、マジックテープなり、ボタンなりをつけてもらおうと思っています。(^_^;)



で、ご紹介しようかと思い、Amazonで自分の購入履歴から商品のページへ飛ぶと…。

商品デザインが新しくなっている!?
しかも私の色はもうない…。不人気だったのか?! orz

え?「裾上げボタン付き」!?
なんだこれ、改良されている…。

ということで。
↓こちらは今年のもののようです。w



色もデザインも増えているようなので、よーく確認してみてください。

あ。言うまでもありませんが、ポリエステルなので、火には十分注意してください
火ダルマになる可能性が否めません…。

自己防衛的には、もし火ダルマになったら、(冷たくても)シャワーを浴びよう…と考えています…。w

最新のものはわからないのですが、この商品、超静電気発生器です。w と言っても脱ぐときだけ静電気が発生します。 まぁ、慣れてしまえばアースしながら脱ぐ方法とかわかってくるので「暖かさには変えられず」に着続けています。ww

以上、マイクロファイバー ガウン ノススメ でした〜。(^o^)/



nice!(0) 
共通テーマ:ファッション








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。